Pexip Virtual Courts

Pexipの信頼できるスケーラブルなビデオプラットフォームにより、リアルでセキュリティを重視したバーチャル裁判所フローを実現します。

In-court-Private-consultation

Video-enablement-virtual-courts

Pexip Virtual Courts

単なるビデオ会議ソリューションを超える機能を提供

仮想およびハイブリッドでの法廷審問、ビデオ罪状認否手続き、矯正システム、警察活動におけるバーチャルなやり取りのためのテクノロジーを提供するPexipを、世界中の司法機関が信頼しています。
 
Pexipバーチャル裁判所ソリューションは、裁判所が法廷でのやり取りや手続きを 簡素化、 近代化、 強化 することを目的として構築されており、裁判所が裁判所の流れを仮想化し、自動化を通じて改善できるようにします。

リモート裁判所環境は、次の適応可能なセットを使用して、審判のワークフローを複製します。
 
  • ユーザーの役割設定、強力な認証など
  • 部屋の構成 
  • ワークフロー自動化ルール
HubSpot Video

 

なぜ世界の司法当局は、バーチャル裁判所やハイブリッド法廷セッションにPexipを選ぶのでしょうか?

相互運用性-1
シームレスな相互運用性
リモートの審問は、場所、ビデオ会議プラットフォーム、ハードウェアに関係なく実行できます。つまり参加者は、ノートパソコン、ウェブカメラ搭載PC、ブラウザ、モバイルデバイス、または既存の法廷ビデオシステムなど、あらゆるデバイスから簡単に参加できます。
セキュリティ-プライバシー
セキュリティ優先のコラボレーション
Pexipのエンタープライズクラスのビデオ会議ソリューションは、業界標準の暗号化およびセキュリティプロトコルを使用して、エンドユーザーデバイスと公判のすべての参加者のプライバシーとセキュリティを確保します。
Easy-to-use-4
使いやすさ
Pexipバーチャル裁判所ソリューションは、人々の働き方に適応し、すでに裁判所で使用されているテクノロジーとシームレスに統合します。その結果、すべての法廷において直感的かつ一貫した体験が得られるため、参加者はすぐに実務に取り組むことができます。
インテグレーション(1)
お客様のニーズに対応
包括的なAPIセットを使用すると、ニーズに合わせて調整されたより高度なアプリケーションを実現し、ほぼすべての関連するサードパーティ製アプリケーションと統合できます。これにより、既存のワークフローにビデオをシームレスに組み込むことができます。

Pexip Virtual Courtsを使用した司法ワークフロー

公判の前に

司法スタッフは手続きを簡単にスケジュールできます

このワークフローは、 司法スタッフが手続きを設定する方法を示しています。既存のスケジュール設定ツールで日付/時刻/裁判官を予約し、このフローをPexip Virtual Courtsソリューションに統合します。

Pre_JA

公判中

裁判官は手続きを完全にコントロールできます 

弁護側と検察側のチームは、プライベートな仮想待合室で分かれた状態となります。裁判官は、手続き中いつでも、これらのグループ、または証人などの個人をプライベートな待合室と仮想法廷の間で移動させることができます。

During_JA

Pexip Virtual Courts:部屋

待合室


待合室は、裁判所の要件に応じて構成を変えることができます。典型的な待合室では、参加者は自分のグループ内に誰が到着したか確認することができます。 

証人は待合室で匿名(誰も声を聞いたり、見たりすることはできません)となります。必要に応じて、法廷で匿名として表示することもできます。証人は、裁判官または書記が彼らを主公判室に連れて行くまで待合室にとどまります。

 

Waiting room - Defense-1

仮個室


公判が始まる前に、参加者は待合室から私的な相談を始めることができます、例えば聴聞会の前に被告と被告の弁護士が事件について話し合うために会うことができます。

公判中、裁判官は裁判官室を使用して、法廷から選ばれた参加者との私的協議を開始することができます。 

In court - Judge - Breakout-1

公判廷


ここは裁判所のフローにおけるメインルームです。 ここでは裁判官に対して、開催中の公判を一時停止し、すべてミュートにする機能など、追加のコントロールが与えられます。ルールと自動化は、例えば専門家が参加したときにアクションAまたはBがトリガーされるように設定することもできます。

in_court_-_judge_-_spotlight_-_ui_on

裁判官室


裁判官が裁判所のフロー構成を上書きし、裁判例を準備するために使用され、進行中の裁判の個室としても使用できます。

In court - Judge - Breakout-1-1

お客様の声:

世界の司法機関は当社のビデオプラットフォームをどのように利用していますか?

 

state-of new-mexico-logo

 

plauding-county-logo

 

hof-van-justitie-logo (1)

 

「ここでのテクノロジーの役割は、私たちの旧来の働き方をサポートし、強化することではなく、過去の慣行を徹底的に見直し、ことあるごとに置き換えることです」


リチャード・サスカインド

『裁判所の未来』(ハーバード大学法科大学院)

 

 

Video-enablement-virtual-courts

機能のハイライト

 

参加しやすい

ユーザーは全員、裁判所が選択した認証サービスを使用して自らを認証する必要があります。ユーザーは、認証された後、オーディオとビデオ両方の接続をテストできます。

プリフライトビデオを参加者に見せて、裁判所の規則と行動が理解され、遵守されていることを確認することができます。
 
参加者はまた、公判の開始前に個人的な相談をする機会があります。

Participant_Request_access

 

裁判官:すべての公判の一覧表示

裁判官は、1つの画面から、その日に予定されているすべての公判を一覧で見ることができます。

Overview-hearings-1

裁判官:会議設定

Meeting settings(会議設定)タブでは、裁判官はロビーを通過できる人、プレゼンテーションできる人、入退室のアナウンスなどの一般的な会議ルールや、ミュートオプションを設定できます。

Meeting-Options-v2-1

裁判官:レイアウトの変更

Change layout(レイアウトの変更)タブを使用して、裁判官は法廷審問の既存のレイアウトを上書きできます。レイアウトオプションにはアダプティブコンポジション、イコールフォーカス、スピーカーフォーカス、ハイライト、シアターなどがあります。

Change-Layout-1
 

裁判官:公判の開始

裁判官が公判を開始すると、証人を除くすべてのグループは、その特定の法廷のフローに基づいて設定されたカウントダウンの後、自動的に法廷に移動します。

法廷のフローは、裁判官がすべての参加者を個々に、またはグループごとに入場を許可するよう構成することもできます。

Judge-Start-hearing

 

In-court-Private-consultation

 

 

裁判官室

裁判官は、いつでも公判の1人または数人とプライベートな協議を手配することができます。

プライベートな協議に招待された参加者は、裁判官室に自動的に送り込まれます。その他のすべての参加者は、それぞれの待合室に戻ります。

 

裁判官:法廷内 - スポットライト

裁判官は、証人が証言をするために法廷に誘導されたときなど、長いスピーチをする人にスポットライトを当てることを選択できます。

Judge-Start-hearing-Spotlight-final

 

Manager-View

 

 

裁判所書記官:管理ダッシュボード

裁判所書記官は、現在進行中および予定されているすべての審理の完全な概要を把握し、ブラウザベースのダッシュボードから複数の公判を監視および管理できます。

このダッシュボードから、裁判所書記官は複数の公判の参加者をサポートし、チャットすることもできます。

 

Pexipの信頼性の高い司法向けビデオ通信ソリューションをご覧ください。

安全でスケーラブルなビデオエンジンを選択して、ストレスのないビデオ対面でのやり取りを実現し、陪審員の関与を高める一方で、裁判のコストを削減します

 

開始する

弁護士-使用-ビデオ会議(1)