Pexip for Google Meet

プロフェッショナルなSIP/H.323ビデオ会議室システムからGoogle Meet会議に参加

Pexip Google Meet相互運用性ソリューションにより、サードパーティーのビデオ会議デバイスおよびシステムからMeet通話にネイティブに参加できます。CiscoやPoly、さらにはSkype for Businessといった、ベンダーが提供する複数のビデオ会議ソリューションを使用している組織全体でMeetを使用できるように拡張できます。

 

どのような組織に最適か?

Pexipのビデオ相互運用性は、次のような組織にお勧めします。

→ Google G SuiteおよびMeetを生産性とコラボレーションのプラットフォームとして使用している

→ Google Meetへの接続が必要な混合コミュニケーション環境がある

→ CiscoやPolyといったベンダーの標準ベースのビデオ会議環境があり、これらのシステムを使用してMeet会議に参加したい

→ Microsoft Skype for BusinessからMeetに移行中で、この2つを連携させる必要がある

→ Skype for Businessまたはその他のビデオ会議ソリューションから会議に参加したいパートナーまたはお客様がいる

ビデオ会議デバイスとの連携

Google Meet向けのPexipでは、Google以外のユーザーであっても、SIPもしくはH.323ビデオ会議システム、Skype for Business、またはGoogle以外のWebブラウザーを使用して、Meetビデオ通話に参加できます。

Googleカレンダーとの連携

慣れ親しんでいる方法で会議をスケジュールまたは設定できます。追加のソフトウェアも、追加の手順も、新たに押さなければならないボタンもありません。すべてがGoogleカレンダー内で行われ、すべての追加情報が自動的に追加されます。

Skype for Businessとの連携

Skype for Businessをいつも使用している会議参加者は、参加リンクをクリックするだけで、そのネイティブのユーザーエクスペリエンス、レイアウト、コンテンツ共有機能もそのままに、会議でSkype for Businessを使用できます。

スムーズな会議を実現する

Pexip Google Meet向けゲートウェイソリューション概要 →

 

Pexip エンタープライズルームコネクター

Pexip エンタープライズルームコネクターバンドルを使用して、すべての会議室のビデオコラボレーションをシンプルにし、既存のハードウェアインフラストラクチャを最大限に活用します。

多くの組織が、Google Meetを使用しながらも、プロフェッショナルな会議室システム(SIP/H.323デバイス)も引き続き管理および利用していきたいと考えています。 

ハードウェアの設定ごとに、または会議の種類ごとに異なるワークフローをユーザーが把握するのは、難しい場合があります。Pexip Service エンタープライズルームコネクターバンドルとGoogle Meet相互運用性ソリューションを併用して、会議室の機能を拡張し、ユーザーエクスペリエンスをシンプルにしましょう。

bundle

各会議室バンドルでは、その完全なソフトウェアスイートによって、既存の標準ベースの会議室システムをGoogle Meetと統合できます。バンドルには以下のものが含まれています。

1. PexipとGoogle Meetの相互運用性

+ 標準ベースのビデオシステム(SIP/H.323デバイス)からGoogle Meet会議にダイヤルインできます。

2. エンドポイントサブスクリプション(プレミアムプラン)

ネイティブの呼制御と自動電話帳管理に加え、Skype for Businessとの相互運用性が標準装備されています。Pexip Serviceの専用ビデオネットワークにビデオ会議システムを登録し、プロビジョニングすることで、品質が保証されたパフォーマンスを実現できます。

+ 組織のクラウドへの移行を管理する:組織が既存の内部呼制御ソリューションで一部のエンドポイントデバイスを維持する必要がある場合は、そのエンドポイントサブスクリプションライセンスをTrusted Deviceライセンスに置き換えることができます。準備が整ったら、デバイスを専用のエンドポイントサブスクリプションに移行して、ネイティブの呼制御を利用できます。 

+ Trusted DeviceはPexip Serviceに登録されていませんが、Google Meet会議にコールインしたときに内部デバイスとして認識されます。ゲスト参加者が会議に参加するには内部ユーザーの承認が必要ですが、この場合は、ゲスト参加者のために用意されているロビーページを自動的にバイパスして直接、会議に参加できます。

3. ワンタッチジョイン

+ 1回タップするだけで、Google Meetなどの任意のビデオ会議にダイヤルインできます。ワンタッチジョインの詳細情報 →

4. お客様ブランドでカスタマイズされた会議画面

+ お客様企業ロゴと、お客様提供の背景画像でカスタマイズ

5. ドメインホスティング

+ 覚えやすいダイヤルアドレスになるように、組織のビデオ通話ドメインを会社のメールアドレスに一致させましょう。 

 

会議室バンドルはSaaSソリューションとして提供され、Pexip Serviceの一部としてデプロイされます。セルフホストデプロイメントを希望する場合は、Pexip Infinityのソフトウェアライセンスオプションを使用して、同じGoogle相互運用性ソリューションで会議室バンドルを作成できます。

 

ホワイトペーパー:G Suiteを使用して成功する

このホワイトペーパーでは、Nemertes ResearchのIrwin Lazar氏が、コラボレーション市場におけるG Suiteの目覚ましい成長と、G Suiteを使用している組織がPexipを活用して誰でもGoogle Meet会議に接続できるようにする方法を分析しています。

ホワイトペーパーをダウンロードする

WebのNemertes画像

参加が簡単

外部ユーザーはGoogle Meet通話に簡単に参加できます。あらゆるサードパーティーのダイヤルイン手順がデフォルトで提供されています。

さらに、ビデオ会議システムまたはSkype for Businessクライアントが信頼できるドメイン上にある場合は、ロビーを自動的にバイパスすることもできます。 

お問い合わせ →

クラウドサービスとして ..

Google Meet向けのPexipは簡単にサービスとして利用できます。必要な同時接続数(Meet会議に同時に参加するシステムの数)を確認して、サービスに申し込むだけです。Pexipが、貴社に代わってサービスとその機能を ホスト、 運用、 サポートします。

 

.. またはセルフホストで

デプロイメントが大規模で複雑な場合は、完全にオンプレミスで、または任意のGoogle Cloud Platform(GCP)などのクラウドにある独自のインスタンスで、Pexipをデプロイおよび実行できます。
クラウドデータアクセス
「Pexip Infinityクラウドエンタープライズアプリケーションを使用すると、さまざまな種類のビジネスビデオ会議ソリューションをGoogle Meetに接続できます」
Spotify、AVインフラストラクチャエンジニア、Martin Antonsson氏
ネイティブ統合

Googleカレンダーとの連携

G Suiteユーザーは慣れ親しんでいる方法で会議をスケジュールまたは設定できます。追加のソフトウェアも、追加の手順も、新たに押さなければならないボタンもありません。すべてがGoogleカレンダー内で行われ、必要なすべての情報が自動的に追加されます。
Googleカレンダー

Google Meetハードウェアキットとの連携

Google MeetハードウェアキットはネイティブのMeetソリューションであるため、会議に参加するのにPexipは必要ありません。しかしPexipがあれば、ユーザーはハードウェアキットを使用して、標準ベースのビデオ会議システムを使用する他の人たちと会議を行うことができます。

Logitech TAP Google Hangouts Meetハードウェアキット

Google Jamboardとの連携

Meetハードウェアキットと同様、Google JamboardもネイティブのMeet会議ソリューションです。しかしPexipを組み合わせれば、Jamboardを使用して、同じ会議の中で、他の誰とでも会議を行い、コンテンツを共有することができます。また、Jamboardは、ハドルルームビデオエンドポイントとしても優秀です。

Google Jamboard

幅広いデバイスをサポート

SIP/H.323およびSkype for BusinessからGoogle Meetへのビデオ相互運用性により、Google以外のソリューションのほとんどでMeet会議に参加できます。
マルチデバイスとエンドポイント
G Suite管理者向け

シンプルな設定

システム管理者は、G Suite管理ポータルでサードパーティーのビデオ相互運用性を有効にして、適切なライセンスを適用し、シンプルな手順をいくつか踏んで設定するだけで、会議を開始できます。

Googleとの相互運用性を有効にする
G Suite管理者向け

Google Cloud Platformで実行する

Pexipは、GCP上で仮想マシンとしてネイティブに実行できます。必要に応じて仮想マシンをスケールアップ/ダウン、停止/開始できるため、必要ないときにコンピューティングを消費しません。

Google Cloud Platformのスクリーンショット

ぜひご連絡ください。

お使いのビデオ会議インフラストラクチャとGoogle Meetを統合する方法についてご案内いたします。