Google Meet向けビデオ会議ソリューション

ハードウェア、プラットフォーム、ワークフローに関係なく、Google Meetでの会議にシームレスに参加できるようになります。

開始する

Pexip for google meet logo

Pexip Google Meet相互運用ソリューションをサードパーティーのビデオ会議デバイスやシステムに接続すると、Meetの会議にネイティブのように参加できます。CiscoやPolycom、Skype for Businessなど、異なるベンダーのビデオ会議ソリューションを複数使用している場合も、組織全体でMeetを使用できるようになります。

Pexip for Google Meetに適している組織とは?

Pexipのビデオ相互運用性は、次のような組織に最適です。

  • Google WorkspaceやMeetを生産性向上やコラボレーションのプラットフォームとして使用

  • Google Meetへの接続が必要となる異種コミュニケーション環境

  • Cisco、Poly、その他ベンダーのビデオ会議環境を標準ベースで備えており、当該システムからMeetの会議に参加したい

  • Microsoft Skype for BusinessからMeetに移行中で、この2つの連携が必要

  • パートナーやお客様がSkype for Businessやその他のビデオ会議ソリューションから会議に参加することを望んでいる

PexipはGoogle Meetとシームレスに統合

ビデオシステムと連結
ビデオ会議デバイスとの連携
Pexip for Google Meetでは、Google以外のユーザーであっても、SIPもしくはH.323ビデオ会議システム、Skype for Business、またはGoogle以外のWebブラウザーを使用して、Meetビデオ通話に参加できます。
Googleカレンダーと統合済み
Googleカレンダーとの連携
慣れ親しんでいる方法で会議をスケジュールまたは設定できます。追加のソフトウェアも、追加の手順も、新たに押さなければならないボタンもありません。すべてがGoogleカレンダー内で行われ、すべての追加情報が自動的に追加されます。
Skype for Businessとの連携
Skype for Businessとの連携
Skype for Businessをいつも使用している会議参加者は、参加リンクをクリックするだけで、そのネイティブのユーザーエクスペリエンス、レイアウト、コンテンツ共有機能もそのままに、会議でSkype for Businessを使用できます。

Pexip Enterprise Room Connector

どの会議室からでもビデオでのコラボレーションを簡単に実現し、既存のハードウェアインフラを最大限活用できます。

211215-erc-main-image-new-google

 

 

 

多くの組織が、Google Meetを使用しながらも、プロフェッショナルな会議室システム(SIP/H.323デバイス)も引き続き管理および利用していきたいと考えています。 

ハードウェアの設定ごとに、または会議の種類ごとに異なるワークフローをユーザーが把握するのは、難しい場合があります。Pexip Enterprise Room ConnectorとGoogle Meetの相互運用性により、会議室の機能をいっそう高め、簡単に操作できるユーザーエクスペリエンスを実現します。

ルームバンドルは、サービスとしてでも、セルフホステッドデプロイメントとしてでも、いずれでも利用できます。 

開始する

 
摩擦のない会議を実現する

概要:Google Meet向けPexipゲートウェイソリューション

PexipとGoogle Meetで将来を見据えたハイブリッドなワークフォースを実現

ビデオを中心とした新たなワークプレイスで組織の機敏性を維持するのに、Pexipがどのように役立っているかをご覧ください。 

詳細を読む

pexip_googlemeet_780

IT-admin-office-2-web

サービスまたはセルフホステッドとして利用可能

Pexip for Google Meetはサービスとして簡単に利用を開始できます。同時に接続する数(Google Meet会議に同時参加するシステムの数)を指定し、サービスにサインアップするだけです。Pexipがサービスや機能のホスト、運用、サポートを担うため、何もする必要はありません。

デプロイメントが大規模で複雑な場合は、完全にオンプレミスか、任意のGoogle Cloud Platform(GCP)などにある独自のインスタンスか、その他のクラウドプラットフォーム上で、Pexipをデプロイして実行できます。

Google MeetハードウェアキットやGoogle Jamboardとの連携

Google MeetハードウェアキットはネイティブのMeetソリューションであるため、会議に参加するのにPexipは必要ありません。しかしPexipがあれば、ユーザーはハードウェアキットを使用して、標準ベースのビデオ会議システムを使用する他の人たちと会議を行うことができます。

Meetハードウェアキットと同様、Google JamboardもネイティブのMeet会議ソリューションです。しかしPexipを組み合わせれば、Jamboardを使用して、同じ会議の中で、他の誰とでも会議を行い、コンテンツを共有することができます。

logi-tap-google-small-2__99160.1557424007.1280.1280

Google Cloud Platform Screenshot

Google Cloud Platformで実行する

Pexipは、GCP上で仮想マシン(VM)としてネイティブに実行できます。必要に応じてVMをスケールアップ/ダウンまたは停止/開始できるため、必要ないときにコンピューティングを消費しません。

PexipはGoogle Workspaceで簡単に設定できます。正しいライセンスを適用し、いくつかの簡単な設定手順を実施してから、会議を開始するだけです。

 

幅広いデバイスをサポート

SIP/H.323およびSkype for BusinessからGoogle Meetへのビデオ相互運用性により、Google以外のソリューションのほとんどでMeet会議に参加できます。

Endpoints_ERC copy-1-1

desktop-3-1-1-1-1

Googleカレンダーとの連携

追加のソフトウェアも、追加の手順も、新たに押さなければならないボタンもないので、Google Workspaceのユーザーは慣れ親しんだ方法で会議をスケジュールしたり、設定したりできます。すべてがGoogleカレンダーの中で行われ、必要なすべての情報が自動的に追加されます。

外部ユーザーはGoogle Meet通話に簡単に参加できます。あらゆるサードパーティーのダイヤルイン手順がデフォルトで提供されています。ビデオ会議システムまたはSkype for Businessクライアントが信頼できるドメイン上にある場合は、ロビーを自動的にバイパスすることもできます。 

Nemertes white paper

Google Workspaceでの成功事例 | ホワイトペーパー

このホワイトペーパーでは、Nemertes ResearchのIrwin Lazar氏が、コラボレーション市場におけるGoogle Workspaceの目覚ましい成長と、Google Workspaceを使用している組織が、Pexipを活用して誰でもGoogle Meet会議に接続できるようにする方法を分析しています。

ホワイトペーパーをダウンロードする

始める準備はできていますか? 

会社の会議室からGoogle Meetの会議にシームレスに接続する方法について、是非お問い合わせください。 

開始する