相互運用性

企業のビデオ会議を成功させる鍵

 

ビデオ会議ソリューションのシームレスな連携を実現することが、生産的な仮想会議をホストするためには不可欠です。連携できないシステムから会議に参加しようとして悪戦苦闘するのは、貴重な時間の浪費です。

不可欠な相互運用性

ビデオ会議ソリューション間の相互運用性はPexipの優先事項であり、会社設立時における解決すべき課題の筆頭でした。現在も続く優先事項として、Pexipは、ビデオ会議の相互運用性という課題の解決に重点的に取り組んでいます。

interop icon.2

ビデオ相互運用性のリーダー企業

Pexipは、ビデオ会議ソリューション間の相互運用性という分野におけるリーダー企業であると広く認められています。Cisco、Poly、Lifesizeなどの数多くのベンダーが提供する標準ベースのビデオ会議を、Microsoftコラボレーションツール、Google Meet、音声会議プラットフォームとつなげます。

コンテンツ共有およびコラボレーションも、複数のプラットフォームをまたいで行えるようにします。

お問い合わせ

テクノロジーのギャップを埋める

現代のワークスペースは、ビデオ対応会議プラットフォームやデジタルコラボレーションプラットフォームであふれています。これらのプラットフォーム間のギャップを埋めるのがPexipです。
 
Pexipなら、Cisco端末が設置された会議室に着席して、Microsoft Teamsの全員参加会議やGoogle Meetのチーム通話に参加することができます。一緒に会議に参加している同僚と協力して、リアルタイムに同じコンテンツを扱って作業するのも簡単です。
Microsoftとの戦略的パートナーシップ

Pexipは、Microsoft TeamsとSkype for Businessの相互運用性ソリューションを提供するにあたり、Microsoftからの認定を受けています。PexipはMicrosoft Lync 2010以降のリリースと互換性があるため、どのような移行パスであっても、Pexipを使用して移行することができます。弊社の提供するクラウドビデオ相互運用性は、Microsoft Appsourceの推奨ソリューションです。

詳細情報
Google Cloudとの戦略的パートナーシップ

Pexipでは、Google Cloudと戦略的に連携し、Google Meetとのビデオ相互運用性を提供しているため、サードパーティーの会議ソリューションからMeet通話に参加することができます。ユーザーは、Cisco、Poly、Lifesizeといった数多くのベンダーが提供するビデオ会議ソリューションのほか、Skype for BusinessやGoogle以外のブラウザーからもMeet通話に参加できます。

詳細情報
「Pexip Infinityクラウドエンタープライズアプリケーションを使用すると、さまざまな種類のビジネスビデオ会議ソリューションをGoogle Meetに接続できます」
Spotify、AVインフラストラクチャエンジニア、Martin Antonsson氏

お気に入りのWebブラウザーで会議に参加

ユーザーはお気に入りのWebブラウザーを使用して、どんな種類の会議にも参加できます。Pexipはインターネット上のリアルタイムビデオコミュニケーションの世界標準であるWebRTCをネイティブに使用しているため、Microsoft TeamsやSkype for Business会議、Google Meet会議、標準のビデオ会議にWebブラウザーから参加できます。Pexipでは、プラグインもサードパーティーのクライアント側ソフトウェアもインストールする必要はありません。ビデオがブラウザー上でネイティブに動作します。コンテンツ共有も同様に利用可能です。
AC

コンテンツを共有してビジネスを促進

Pexipでは、コンテンツをすべての会議参加者間で効率的に共有できます。ホストがPowerPointプレゼンテーションを事前にアップロードしている会議でも問題ありません。Pexipはデュアルストリームのコンテンツおよびビデオをサポートしているため、コンテンツと同時にプレゼンターの姿も見ることができます。

コンテンツ共有を備えたビデオシステム

Pexipは、国、企業、プラットフォームをまたぐコミュニケーションをシンプルにします。

Pexipのパワーを体験して、ユーザー評価ランキング第1位の理由をご自身の目でお確かめください。